戦国乱世のWEB業界

2017年に行われた調査によると、WEB上には、
実際に稼働しているネットショップが約190万店舗も存在するという
結果が出ています。ウェブを利用するお店や企業の増加と比例して、
ウェブ業界で働いている人が増えている時代ですが、
何年もこの先働き続けるためにも、生き残る必要がありますよね。
ウェブ業界で生き残るためにはどうすればいいのか考えてみましょう。
 
それはウェブに求められる役割を理解することが大事です。
これからのウェブ業界ではどのようなことが求められているのか、
ウェブの現場で重要とされる役割を理解しておいたほうがいいでしょう。
 
ウェブといえばこれまでは広告のひとつ、宣伝のひとつとして役割が
与えられていたのですが、今はさらに進化していて、プロモーション戦略
すべてがウェブであるという形になっています。
 
テレビのコマーシャルとも連動していることもありますし、広告とも
連動していることもありますので、いろいろなところと連携しているのが
特徴です。
 
コミュニケーションすべてを見据えた中でウェブサイトを作らなければ
いけないのです。これまでとは違ったウェブサイトの技術として具体的には
どんなことが求められるのでしょうか。
 

知識がなければ戦略を練ることができない

例えば、ウェブストラジスト、つまりマーケッターの場合には、
ウェブ戦略をきちんと理解して、幅広いマーケットの知識を持ち、
その上でサイト、コンテンツの戦略を考慮しなければいけません。
 
これまでは短期間でのウェブ戦略が多かったと思いますが、
これからは長い目で見て戦略を立てる力が求められていますので、
それを実現させるためのプランを考える必要があるわけです。
コンテンツマスター、情報キュレーターとして求められる力は広く、
長いスパンで利用者とコミュニケーションが取れる方法を考えていく
必要があります。
 
会社や企業から一方的にメッセージを送り続けるだけでは、
消費者には伝わりませんから、いろいろな方法を使って
利用者の動向も確認しながら動く必要があります。
 
シナリオライターは、すべての人、すべてのブランドの価値観を考えて
仕事をすることが求められてきます。そのブランドや会社の
ストーリーテラーを勤めるわけですから、しっかりとウェブの特性や
ブランドの特性を理解する必要があるでしょう。
 
そしてクリエイティブディレクターとしてウェブ業界で
活躍している人は、広告制作の現場ではメインとなる立場ですから、
どんな表現をして、商品の広告展開をしていけばいいのかなどを
具体的に表現していかなくてはいけません。ウェブ業界で
生き残るためには、こうして自分がどんな立場で
動けばいいのかということをしっかりと理解しておく必要があるのです。

データ参考:国内のネットショップは一体何店舗稼動しているのか?│ecc Lab